便利なスマホも要注意!中高生によるスマホ依存について

便利なスマホも要注意!中高生によるスマホ依存について

 

中高生のスマホ依存について

 

スマートフォンは、誰でも気軽にインターネットやアプリが利用でき便利なものです。家の中だけでなく出掛け先や、通勤・通学などのちょっとしたスキマ時間にも利用しやすく、電車内を見渡すとほとんどの人が、スマホを睨めっこしている状態が見かけられます。そんな便利なスマホの利用が習慣化となることで、中高生によるスマホ依存について問題視されていています。

 

大人でもスマホ依存になる人もいますが、特に問題とされているの中高生です。
インターネットをどこでも気軽に利用しやすくなったことで、1日中利用してしまう子ども達が増えてしまっています。パソコンであれば、パソコンを立ち上げたり家庭に1台あったとしても、家族が使っていたり、自分の部屋にはないなどで依存することは多くありませんが、スマホは手元に置いておけるもので、ネット環境さえあればいつでも使えてしまいます。

 

中高生であれば、アプリ利用も多く、アプリを利用することでゲームを気軽に行うことができますし、無料でインストールできる魅力的なゲームも増え続けています。またインターネット利用により動画を見ることができたり、SNSツールにより友達とのコミュニケーションだけでなく、様々な情報を随時得ることができ、そういった便利さと楽しさを感じることでスマホ依存へと陥ってしまう中高生が増えています。

 

スマホ依存について問題視されているのは、多くの友達と気軽にどこでもコミュニケーションが取れるようになったことで、「メッセージが既読されていない」「既読されているのに返信がない」などから不安を感じてしまったり、返信が遅いなどといったことから、イジメに繋がってしまうことがあります。メッセージを見逃せないことや気になってしまうことで、不眠症などといったことに繋がってしまうこともあります。またコミュニケーションだけでなく、ゲームにハマってしまうことでも同じように睡眠不足になり、勉強に集中できないということも出てきます。

 

中高生がいる家庭でスマホを持たせている場合は、一度家族でスマホ依存について話し合いルールなどを決めると良いでしょう。