中高生のスマホ依存について社会問題となっている現状について

中高生のスマホ依存について社会問題となっている現状について

 

中高生のスマホ依存について、最近では、テレビや新聞紙といった様々なメディア上で社会問題として取り扱われています。

 

中高生のスマホ依存について

 

スマホといえば、もはや、21世紀を代表する世紀の発明品であり、文明の利器といっても過言ではない商品となってきています。大人がスマホをそれこそ毎日毎日使用することに対しては、何も言われないというのに、どうして、中高生達が使用することに対しては、各種メディアがうるさい位に警鐘を鳴らしているのでしょうか。その背景には中高生達の親御さん達の心配が存在していました。

 

 

中高生親御さん達は、子供のスマホ依存について、世の中の誰よりも、深刻で看過できあい問題として認識しております。何故ならば、中高生がスマホを使い過ぎて日々を過ごしていることによって、段々と受験勉強が疎かになっていき、希望する高校や大学に入学できない、という事態になってしまうのを最も恐れているからなのです。

 

希望の高校や大学に入れないことによって、その後の就職にも悪影響になってしまうと、子供の将来を思う親御さんであれば、誰しもが考えることは当然であると言えるでしょう。それゆえに、特に中高生のスマホ依存について、何とか家庭で自力で解決しようと必死で頑張っていらっしゃる親御さん達も増えてきたのです。

 

具体的には、家にいる時には親の監視の目が及びますので、スマホは、一日何時から何時までしか使ってはいけない等の制約を子供に課すことで、スマホ依存を防ごうとしている家庭が多いのです。そして、もしもその制約を破ってスマホを子供が使用した場合は、罰として夜ご飯を抜いたりお小遣いの量を減らしたりといったペナルティーをかすことで、より中高生のスマホ依存を防ぐことができるというわけなのです。
もちろん、自室等の親の目が届かない場所もありますので、そういった場所で隠れてスマホを使用しているという可能性も否定はできませんが、そこはあくまでも子供を信じることにして、親子間の信頼関係をまず大切にしている親御さん達の方が多いのです。